格安ホテルには要注意

2019年1月17日(木) No.1105

Perak州のTaipingとBukit Gantangの2地区が狂犬病流行地域に指定された。日本と異なり全ての犬に狂犬病接種がなされていなので、野良犬には特に注意が必要だ。
Malaysiaでは2017年7月以降、Sarawak州とPerak州で狂犬病の感染で15人が死亡している。

今回は、“格安ホテルには要注意”です。

インターネットやSNSで料金が格安のホテル情報を調べることは容易に出来るご時世になった。だが、格安の裏には必ず何かの事由があるのだ。それが貴方の命をも危うくする材料なら良く考慮すべきだ。それは安全性の問題で、防火対策が全く無いとか、窓が無く逃げ場が無いとか、避難口が無いとか、配線が異常に複雑になって火災危険が高いとか、防犯カメラも無く犯罪に巻き込まれても判りにくい等々・・・。

Malaysia Hotel Owner協会の理事長は「Malaysiaでは違法営業ホテルが合法のホテルより多いのではないかと思えるぐらい幅をきかせ、管理の手を離れた状態にある」と懸念を表明、政府に違法営業ホテルの問題に早急に対処するよう要請した。

UNESCO(ユネスコ国際連合教育科学文化機関)の世界遺産に指定されていて、観光客に人気の訪問地となっているPenang州Georgetownでは、安全性に疑問がある違法ホテルが息を吹き返すという問題が持ち上がっている。一旦閉鎖措置を受けたゲストハウスが営業再開しているのだ。
私達が住んでいるPenangのGeorgetownでは観光客の増加を受け、州政府が2014年に遺跡周辺地域に続々登場したGuest Houseや小規模なホテルに一時営業許可を発行。恒常的な営業許可取得に求められる規定を満たす為の猶予期間を与え、暫定的に営業することを認めた。その当時、正式に営業許可を取得していなかったホテルやGuest Houseは260軒もあった。
しかし、こうした宿泊施設の事業者は、防火対策や遺跡保存等の規定を定めた条例遵守出来るだけの財政的な基盤がなかった為、猶予期間が終了する2017年11月に閉鎖措置の対象となり、Penang島市協議会の係官の手で強制的に閉鎖されていた。
所がその後閉鎖された宿泊施設を借り受けて新たにGuest Houseとして復活させる動きが活発化しているのだ。当局は安全規定を満たして正式に営業許可を取得した上で営業するよう勧告、違法営業ホテルに対しては取り締まりを行っているがイタチごっこだ。

実はこの問題は、何もPenangに限った話ではなくMalaysia全土で共通の問題だ。

YB TUAN KHALID BIN ABD SAMAD(カリド・アブドゥル・サマド)連邦直轄区相が1月初旬、バジェット(格安)ホテルや短期貸し部屋に対する安全基準を更に強化し、法執行していく方針を打ち出し、それを2019年の使命に掲げると言明した。同相は、これら宿泊施設が消防・救助局から求められる安全に関する許認可を取得する等法的な必要条件を満たしていなければ、ば営業中止を命じることになると警告した。
同相は又、近年住宅地でB&B(Bed & Breakfast)や格安ホテルを営業する例が増えているが、住環境が格安ホテル向けに変えられていくことに対して住民から不満の声もあがっているとして、Kuala Lumpur市役所がこうした住民の苦情や意見についての調査を実施していくと語った。これなど日本と全く同じ問題だ。
地域のインフラの整備度等によって住民組織が短期貸し部屋や格安ホテルを受け入れるか否かの判断は異なるが、全ての状況に適用出来る合理的な指針を策定する必要が生じている。指針は2019年第一四半期中に策定する計画という。

Malaysiaでは正規の格安ホテルや2つ星以下のホテルが違法営業ホテルの影響を被っているという。違法営業ホテルには、宿泊者の登録手続きも行わず、防犯カメラの設置や警備員の配置もしていない所があるとして、部屋に侵入されても保険の対象にならない虞れもあるとの警告を発している。

次回は、やっぱり中国は1MDBを使ってMalaysiaを食い物にしようとしていた“”です。

広告
カテゴリー: Longstay日記(ペナン観光) | コメントをどうぞ

洗濯機水漏れ

2019年1月14日(月) No.1104

Malaysiaの第15代国王Sulatan Muhammad Ⅴ(49、Kelantan州Sultan)が、年明け6日に退位すると表明し、同日付けで即退位した。噂は尽きないが。
Malaysiaでは1957年のMalaya連邦独立以来、基本5年毎にSulatanが持ち回りで国王を務める制度を維持してきたが、国王自らの意思による5年の任期中の退位は初めて。これを受けて臨時統治者会議が7日に開催され、副王のAzlan Muhibbuddin Shah殿下(62、Perak州Sultan)が代行を務めることが決まった。

実質的には9人のSultanによる任期5年の輪番制となっているが、連邦憲法によると統治者会議における9人のSultanによる互選で決定されることが建前となっており、近く選挙を行なう為の会議が招集され次期国王が選出されることになる。7日急遽開催された臨時統治者会議には9人のスルタンのうち6人しか出席出来なかった。順調な禅譲予定では次の国王はPahang州Sultanの番で、代行のPerak州Sultanは次の次が順番だった。過去の国王のリストは下記で、
https://ja.wikipedia.org/wiki/マレーシアの国王

今回は、“洗濯機水漏れ”です。

2015年7月16日(木)No.809で紹介した、当地でRM769(約2.5万円)で購入したPanasonic7kgのModel NA-F70S7Air Dry90分選択可能洗濯機。底から水漏れしてきた。

Malaysiaでは日本と異なり、販売店は唯売るだけで修理の受付も何もしてくれない。メーカーのサービスセンターを探して問い合わせるか、電気製品の修理を業務としている人が沢山いるので彼等に来てもらうかしか方法は無い。大型電気製品の場合はメーカーのサービスセンターから人が来てくれることもあるが・・・。

これの前に使っていた洗濯機(ELBA製)も何度か水漏れしたが、修理してもらうと何時も何かしらの生地が詰まっていた。小さなハンカチ等。何時も部屋の修理をお願いしている当Condominium常駐の修理人に聞いた所、先ず自分が点検し修理にトライするが、駄目な場合は知人の電気製品修理人に連絡してくれるというので直ぐ依頼した。ホースでないことは確かで、洗濯機そのものの底から漏れて床を濡らす。

当地の洗濯機は、日本の様に洗濯機置き場が設けられている訳でも無く、外のベランダに置く訳でも無く、底に防水パンが引かれている訳でも無い。タイルの上に、床に直置き。しかも私達の所はMalaysiaでは極当たり前なのだが、給水・電源共台所の隅にある。

早速何時も頼りにしているCondominium常駐のAbdullah氏にチェックして貰った。洗濯機の裏蓋を外し、手で数ケ所触って漏れている個所を探した結果、洗濯機内部のドラムの底と外の排水パイプを結んでいる蛇腹式のホースに亀裂が入っていてそこから漏れていることが判明した。なので全ての水が流れ出ていた訳ではなく、排水時に内部ホースの僅かな亀裂から一部漏れ出ていたことになる。

数日分溜まった洗濯物は、夫婦二人で洗濯機を洗面台&シャワー室&トイレ兼用のルームに運び、電源をリビングから引き回して行った。水はこのルームの洗面台横に蛇口があり、洗面台&シャワー室&トイレ兼用のタイル床に水を流して掃除出来るようになっているので、それを使った。Abdullah氏にホースを買って来て貰って、交換して貰ったのが4日後。洗濯機内部のホースを交換してセットした所、蛇口に新たな問題を発見された。洗濯機用に壁に設けられた蛇口の、先ずパッキンが古くなって水漏れを起こすこと、次に洗濯機の取水ホースの仕掛けを接続する蛇口に取り付けられている接続金具のスクリューが甘くなって水漏れを起こす、の2点。これら3ケ所の交換作業で費用はRM70(約1,820円)。

次回は、“格安ホテルには要注意”です。

カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) | コメントをどうぞ

ナットウキナーゼの効果?

2019年1月10日(木) No.1103

Tanjung TokongとTanjung Bungahの中間にあり、嘗てFerringhi Beach Hotelと呼ばれていたが、その後買収リニューアルしてFour Point by SheratonとSheraton系列になったホテルがある。建物真ん中が海を臨むように入口から海側に突き抜け型になっている。そのホテルが昨年Mercureに名を変えた。Sheratonの名を冠に宿泊料金を上げたのだろうが、集客が思うように進まなかったのか?

今回は、“ナットウキナーゼの効果?”です。

私は持病の関係で投薬を受け続けており、その薬の効果維持の為にビタミンKの摂取は厳禁となっている。食品全てにビタミンKの含有割合が表示されている訳では無いので、日本で入院当時に注意された内容を守るより仕方がない。

具体的には、納豆は厳禁、ほうれん草もクロレラも青汁も駄目。ブロッコリーは少々ならOK。ここまでは判るが、当地で英語表示の野菜を見ていると、日本でいうほうれん草では無いもののspinachとの表示が有るものは駄目なのか?サプリメントでビタミンKを含むマルチビタミンは駄目なのか?厳密には判らない。

そんな中、ビタミンKを含まないナットウキナーゼのサプリメントがあることを知った。納豆は本来大好きだったのだが、食せないと寂しい。唯納豆には血液をサラサラにする効果が有るが、ビタミンKを含まないナットウキナーゼでも同様に血液サラサラ効果があるのが魅力だ。インターネットでサンドラック社が売る「オリヒロ ナットウキナーゼカプセル」(60錠)を購入した。1瓶1,269円を5瓶。6,345円。毎晩寝る前に1錠だけ飲む生活が始まった。

飲み始めて2ケ月後、定期検診の血液検査で血液の流度を図るINR(International Normalized Ratio)
・・・通常皆さんは1.0
・・・私も薬を飲まなければ1.0
・・・投薬で2.0近くに引き上げている

このナットウキナーゼのサプリメントを2ケ月飲んで初めて計測したINRは2.9と異常に流度が高くなっていた。ちょっとした出血でも血が止まらない状態となっていた。担当医からは、「何があった?」と聞かれたが、恐らく薬を間違えて多目に飲んでしまったか、時間を間違えて飲んだか疑ったのだろう。勿論ナットウキナーゼのサプリメントを飲んでいたことは話していない。未だ一回だけの計測で流度が高まったのが、ナットウキナーゼのサプリメントの影響と断言できないので。

次回は、“洗濯機水漏れ”です。

 

カテゴリー: Longstay日記(ペナンの病院) | コメントをどうぞ

左手親指のバネ指のその後

2019年1月7日(月) No.1102

Mahathir首相が、「英語は世界的な共通言語であり、知識を習得するには英語のマスターが必須だ。科学や医学を学ぶ為には英語をマスターする必要がある。公立学校のカリキュラムは、一般科目を勉強せずにイスラム教を教えるだけの宗教学校に誰かが変えてしまった。宗教科目の勉強も必要だが、週1単位ぐらいでいい」と講演した。「誰かが」とは暗に前首相を指しているのだろう。昨年度の非英語圏の英語の世界的試験でMalaysiaの順位が急落していることを以前記した。恐らくこうしたことに危機感を抱いた発言だろう。

今回は、“左手親指のバネ指のその後”です。

昨年5月24日(木)No.1042で “左手親指付け根が痛む”との題でバネ指の兆候を記した。左手親指第一関節を曲げる際、バネの様にカックンカックンと動く症状で、親指付け根そしてその後第一関節掌側を押すと痛みを感じていた。

以前右手小指のバネ指治療に通った、Jalan Burmaにある佛教總會のFree Klinikへ通い始めた。Oong(王)先生の針治療を週1回受診。Free Klinikとは言え一応寄進代わりに毎回RM10(約260円)払うのだが、まともに治療に行くより断然安い。日本帰国等Penangを留守にする機会を除いて約5ケ月強通い続けた。右手小指の時も5ケ月程かかったので、それを期待して。そして暮に漸くスムーズに親指を動かせるようになった。

親指第一関節の痛みは全くないが、

親指付け根人差し指側の骨と思しき突起(右手にもあるが)が感じるところを押すと痛む。王先生に聞くと炎症では無いと言う。

もう一つは、親指を目いっぱい掌側に曲げた時、右手親指第一関節はほぼ直角に掌側に曲がるが、左手親指は120度程にしか曲げられない。普段の生活に何ら支障は無いのだが。

何より左手親指に力が入るのが楽だ。当初はペットボトルのキャップを捩じることすら出来なく、さりとて右手で捩じるにも左手でペットボトルを支えることすら出来なかったのだから。こうなった原因は左手でタブレットPCを挟んで持ち上げていた姿勢にありそうだ。もうタブレットは親指と人差し指で、指を広げる等に持ち上げるのは避けよう。

何より自由に使えるようになったことに感謝。

次回は、“ナットウキナーゼの効果?”です。

 

カテゴリー: Longstay日記(ペナンの病院) | コメントをどうぞ

空腹時にライチ大量摂取は命に危険

2019年1月3日(木) No.1101

出典は、The Lancet Global Healt h via New York Times
年明け後の天気は連日曇り空。初日の出は拝めなかったのは当然だったが、気温が上がらず南国に居るにも拘らず鳥肌迄出る始末。風邪を引く人も出ているようで、道路清掃の男性の家族も皆風邪を引いてしまっていると聞いた。

今回は、“空腹時にライチ大量摂取は命に危険”です。

Penangでもシーズンになると大量に並ぶライチが、或る条件下で大量に食すると死に至ることがIndiaとUSAの研究者による徹底的な原因究明の結果が判明した。

この20年程、India北部Nepalに近いMuzzafapur(ムザファプール)という地域で、5月半ばになると毎年数百人もの小さな子供が突然意識を失い、病院に運び込まれる例が相次いで、そのうち約40%に相当する100人以上の死者を出し続けている恐ろしい病気があった。今迄原因が判らなかったが、The Lancet Global Healthに、「謎の死の原因は果物のライチに含まれる成分と、不幸な偶然が重なってしまったことだった」との論文が掲載された。被害が集中しているIndiaのBihar州はライチの主生産地で、地域の貧しい子供が、空腹状態でライチ園の木になった実や落ちた実を食べていた。

USA疾病管理予防センターのRajesh Yadav博士や、IndiaのNational Centre for Disease Controlの研究者達で構成された調査団は、2014年5月~6月にかけてMuzzafapurの2つの病院で診察を受けた390人の子供を対象に血液や尿のサンプルを採ると共に、どんな食べ物を食べたかや家庭の状況等詳細なデータを収集し、そのデータをこの病気とは無関係の同年代の子供達と比較した。一方研究チームはMuzzafapurにあるライチ園からライチの実を収集し、成分を分析した。
その結果、謎の発作を起こした子供達の多くは、病院に運ばれてきた時の血糖値が70mg/dL以下という低い値になっていて、発作を起こしていない子供と比較するとライチを食べていた割合、特に前日に夕食を食べていない状態でライチを食べた割合が高かったことを突き止めた。
更に発作を起こした子供の尿からは、果物に含まれる毒性物質であるhipoglycin(ヒポグリシン)AやMCPGが代謝された痕跡が検出された。hipoglycinAやMCPGには低血糖を起こさせる作用があり、ライチ園から採取したライチにも含まれていることが確認された。全ゆるデータから、ライチが犯人であることが浮かび上がってきた。

でもライチ、今まで普通に食べていたと思うが・・・。発作を起こした子供達の場合、貧しい為に食事が十分に摂取出来ておらず、お腹が空いていたのが問題だった。つまり元々空腹で低くなっている血糖値を、ライチがもっと危険なレベルにまで下げてしまっていた。又発作を起こした子供の場合、そうでない子供よりも熟れていないライチや腐ったライチを食べた割合が高くなっていた。2015年、子供達の死因を突き止めたと考えた保健当局は、地域の人達に「子供に夕食を食べさせること」「ライチを食べる数を制限すること」を突然死予防策として伝え始めた。その結果、この2年間は病院に担ぎ込まれる子供の数がこれ迄の年間数百人から50人以下に激減している。

日本では低血糖のときに突然ライチを沢山食べる場面はあまりないかもしれないが、知っておくに越したことはなさそうだ。要はライチに関わりなく、空腹時血糖値が下がっている時に、小腹を満たそうと甘みのある果物なり甘味を大量に食することは、一層血糖値を下げるということだ。

次回は、“左手親指のバネ指のその後”です。

カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) | コメントをどうぞ

2019年Malaysiaの祝日

2018年12月31日(月) No.1100

Singapore Airlineが今月29日から、日本便を一日6便運航し始めた。それだけ日本との行き来が増えていることなのだろう。
スケジュールは
Singapore発 08:05  羽田着 15:35
Singapore発 09:20  成田着 17:05
Singapore発 14:05  羽田着 21:40
Singapore発 17:25  羽田着 01:00+1
Singapore発 22:45  羽田着 06:20+1
Singapore発 23:55  成田着 07:30+1
羽田発 02:30  Singapore着 09:15
羽田発 08:50  Singapore着 15:25
成田発 11:05  Singapore着 17:45
羽田発 16:40  Singapore着 23:20
成田発 20:55  Singapore着 03:35
羽田発 22:50  Singapore着 05:25+1

今回は、“2019年Malaysiaの祝日”です。

以前にもこの情報は掲示したが、新年を迎えるに当たり再度掲示する。

Malaysiaは州毎に祭日が異なる例が多々ある。其々独自の行事や祭日が定められている。日本の様に全国一律祭日となる訳ではない。1月1日ですらそうなのだ。

先ず私達が住んでいるPenang州の2019年の祝日(他州はこれと異なる場合があるので最下段参照)

1月1日(火)  New Year’s Day(新年)
1月21日(月) Thaipusam(Muruganを称えるHindu教の祭)
2月5日(火)  Chinese New Year(中華正月)
2月6日(水)  Chinese New Year 2日目
5月1日(水)  Laborday(労働者の日)
5月19日(日) Wesakday(釈迦誕生祭)
※5月20日振替休日で3連休
5月22日(水) Nuzul Al-Quran(コーランの啓示日)
6月5日(水)  Hari Raya Puasa(ラマダン明け祝日)
6月6日(木)  Hari Raya Puasa 2日目
7月7日(日)  Georgetown World Heritage City Day
(ジョージタウン世界遺産記念日)
7月13日(土) Penang Government’s Birthday
(ペナン州首相誕生日)
8月11日(日) HariRaya Haji
※8月12日振替休日で3連休
8日31日(土) Merdaka Day(独立記念日)
9月1日(日)  Awal Muharram(イスラム暦新年)
9月9日(月)  Agong’s Birthday(国王誕生日)
9月16日(月) Malaysia Day
10月27日(日)Deepavali(ヒンズー教光の祭典)
※10月28日振替休日で3連休
11月9日(土) Prophet Muhammad’s Birthday
(マホメット生誕祭)
12月25日(水)Christmas

※全国各州の祝日は下記参照
http://www.tourismmalaysia.or.jp/event/images/2019va.pdf

次回は、“空腹時にライチ大量摂取は命に危険”です。

カテゴリー: Longstay日記(ロングステイに向けて) | コメントをどうぞ

クリスマスランチをSt.Giles Wembleyで

2018年12月27日(木) No.1099

やはりPenangも異常気象だ。例年この時期は乾季の真っ最中で、暑くて雨は降っても夜中に雷を伴う、日本でも真夏の暑い頃に見られるような天気だったのに。今日もどんより曇り空、気温は例年より2~3℃低い日が続いている。日本人には過ごしやすいと言えば過ごしやすいが、南国らしさは薄れている。其のせいか風邪が流行っているらしい。

今回は、“クリスマスランチをSt.Giles Wembleyで”です。

Islamが主流の国家Malaysia、他宗教も容認融和を図っていてChristmasは祭日となっていて、年末と一緒のセールで安売りする一方、Christmasの日のホテルやレストランは値段がジャンプアップする。それでも日本のChristmasのような華やかさ・賑やかさはない。デコレーションはなされても、サンタの装束を見ることは稀で、店と言う店がChristmas Songを大きく鳴らしている訳でもなく、ケーキが大人気になる訳でも無い。そもそも、ケーキは日本の方が断然美味しい。恐らく最上質の小麦粉+高価な生クリーム+甘く大きな苺、これらが全くMalaysiaでは経験できないからだ。Malaysiaのケーキと言えば、スポンジがしっとりしていなく美味しくない、ココナッツクリームを主に使う(たまに生クリームかと思えばホイップクリーム)、苺は酸っぱくジャム用みたいなのだ。

そういう訳で今年のChristmasは、Komtar近くのHotel Jenの向かいSt.Giles Wembleyでランチにした(日本人には隣のホテルとの間に日本食レストラン“江の島”が地下に入っていると言えば判るだろう)。理由はランチビュッフェで日本キュイジーヌを経験したことだった。その時は刺身や握り鮨等が用意されていた。料理自体がMuskimに供されるHalalではなく、鶏も豚も牛も羊も肉は提供されるし、チーズも並ぶので、客は欧米人と華人系ばかりだ。更にクリスマスランチが、普段のランチと同額だったのだ。値段はシニアがRM47(約1,220円)/人。当日はサンタの赤い帽子を被ってきた人、トナカイのヘアバンドをしている欧米人で予約が一杯だった。

ただ料理は日本キュイジーヌの時とほとんど変わっていなかった。違いはと言えばローストダックが提供されていた位だった。刺身は鮭・鮪・蛸の3種だったが、特に鮭は直ぐに補充が必要なくらい人気だった。握りはとびっこ・海老・蛸他。しかしケーキは相変わらず美味しくない。スポンジが駄目なせいだろう。

それでもこの料金で一応品揃えは多く、満足する。

回は、“2019年Malaysiaの祝日”です。

カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) | コメントをどうぞ