注意!中国製缶詰から線虫

2018年7月16日(月) No.1057

「公務員の有りようが10年の間に変質した」と述べ、改革の必要性をMahatir首相が意欲を見せた。新首相は「公務員は嘗ては政治には手を出さず、政府の政策と統治を実行する立場だったが、過去10年の間に政府の選挙運動に公然と関わる等大きく変質してしまった。政府の指導者と同様、公務員自身も袖の下を求める等、汚職に手を染める者も少なくないというのが実情だ」「こうした汚職行為に関わった者や役員を政府から排除する」と。

今回は、“注意!中国製缶詰から線虫”です。

Malaysia検疫サービス局は、今年に入ってPenang港に陸揚げされた中国製イワシ缶のサンプル調査で、死んだアニサキス線虫が発見された、と発表していた。厚生省食品安全局が2社の缶詰を調べた結果、問題があることが判明し、保健省が4月TL Tan Lung及びTCLの2ブランドの缶詰輸入販売禁止、他のブランドのイワシとサバの缶詰の追加検査を行った。

そうした所、出るわ出るわ?複数の輸入魚缶から寄生虫発見報告が。中国からの輸入缶が多く、相変わらず中国の食の安全性には問題が含まれている。この結果を受けて、保健省は先月28日に、更に追加で6ブランドの魚缶の販売を追加で禁止した。追加で禁止されたのは、

Cinta、Sea Fresh、HS Brand、King Cup、Star、TC Boyの6ブランド。

私達も見覚えのある名前もある。店頭棚からは既に撤去されて消えているとは思うが、購入の際には良く注意してチェックして貰いたい。貴方の健康の為に。

日本でも昨年11月、同じように中国製缶詰から線虫が発見され、下記の様な注意喚起が厚生労働省から発せられている。又同時期に南米PeruでG.W.Yichangが、中国の会社Tropical Food Manufacturing(NINGBO)co.Ltdから輸入したサバ缶にアニサキス線虫が入っていて、食した人が食中毒を起こし緊急手術を受けた。この輸入缶詰には中国当局発行の衛生証明書が添付されていた、ということなので中国役人の仕事振りもいい加減極まりない結果だ。

どうも衛生観念に関しては中国は最後位にあるだけに、China freeはMalaysiaでも叫ばれ始めるかもしれない。

http://zaigai81.hatenablog.com/entry/2017/11/24/081057

次回は、“SPICEのTravel Fair”です。

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

Penangに無料貸し傘現る

2018年7月12日(木) No.1056

Penang州で手足口病(Hand, Foot and Mouth Disease; HFMD)が流行中。日本でも良く耳にする病名だが、口の中、掌、足の裏を中心に水疱を生じる急性ウイルス性感染症で学童以下が多く感染しており、今年1月~7月4日の約6ケ月間でPenang州では、前年同期比48%増にもなる1,555人が感染しているという。多くの子供が託児所・保育園・幼稚園53ケ所(昨年同期間は11ケ所)で集団感染し、昨年比約5倍増だ。手洗い励行!

今回は、“Penangに無料貸し傘現る”です。

ASPEN Groupという不動産開発会社が、Jalan KekawiのGurneyのバス停、Betu Ferringhi方面へのバス停が2つ繋がってあるが、先頭側のバス停の左脇に傘スタンドを設置しているのを見つけた。その日は天気も良かったせいか、傘スタンドには18本の傘が立てかけられていた。

説明を読むと至って簡単。傘の必要な時には自由に持ち出して、使い終わったら街中のASPEN Groupの傘スタンドに戻しておいて欲しい、というもの。ASPEN Groupの傘スタンドが他に何処にあるのか判らない。ここから持ち出して、ここに返却するのか?どうやらバス停にASPEN Groupの全面広告が出ている所にあるらしいことが判った。

そもそもPenangは、雨と言えば宵の口から夜中に雷を伴って、バケツをひっくり返したように降る。風は雨が降る直前に熱い空気を巻き込むように上昇気流を伴って吹く時だけで、一旦雨が降ると雨粒は真っすぐ下に降り注ぐ。日本の様に風を伴った雨では無いのだ。仮に日中雨が降ったとしても、小さな島全土が雨というのは稀で、ピンポイントで上昇気流発生→そこだけ雨雲発生→そこだけ雨が降る、このパターンなので、15分か30分雨宿りをしていれば雨は上がって青空が顔を覗かせる。

こんな所で雨傘をどれだけ必要とするのだろう。バスでGurney Plazaに着いた人が、偶々雨に遭遇し近くの目的地に行く際に使って、用事が終わったら戻すだけにしか使われないような?バス停からGurney Plazaに行くには単に道路を渡るだけだし。何となく雨以外にも暑い日射しのPenangなので、日除け代りに持ち出されそうな気がする。

以前から始まったシェアリング自転車といい、実際に乗っている人を見掛けるのは稀だ。今やPenangでは地元の人は高級自転車で主に土日にサイクリングを行っているので、使うとすれば旅行者しかいないだろうが、このシェアリング自転車借りるにも、スタンドから引き出す際に事前に購入したカードを使う必要があるし、何より日射しの強い中で専用道も無く自動車の走る道路脇を走らねばならない。このシェアリング自転車が無くなることは無いかもしれないが、無料貸し傘は持ち出して返さない人が出てきそうだ。

今日午前中Gurney方面に出掛けた際に見たら、案の定と言うか、当然と言うか、傘が全く無くなっていた。

次回は、“注意!中国製缶詰から線虫”です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

パソコンのセキュリティソフト

2018年7月9日(月) No.1055

Penangにはサイバーカフェが32ケ所あるが、29ケ所は無認可の不法ビジネスだったことが判った。営業時間やら子供の利用制限規定やら、制約をきちんと守っていたか不明だ。営業免許取得に関しては費用が掛かる為、無認可営業していたのだろうが、認可必を取得させるかビジネス閉鎖させるか、選択させることになるだろう。

今回は、“パソコンのセキュリティソフト”です。

以前からPCに関しては何度か記して来たが、私達が今所有してるパソコンは古い順から、

1.富士通Windows Vista一体型(画面の裏にPC本体が内蔵されてキーボード&マウス接続型)

2.NECのWindows8タブレット

3.DELLのWindows10デスクトップ型(モニター、キーボ^ード、マウスが別途設置)

4.LIVAWindows10小型PC(TV、オーディオアンプ接続。キーボード&マウスは無線)

この内1と3は夫婦とも利用。2と4は私だけが利用している。

何れもWindowsなので、1~3のパソコンのセキュリティはSymantec(シマンテック)社を通じてNorton Securityソフト1年版を毎年自動延長で契約していた。金額は7,980円で3台迄登録すればセキュリティ管理してくれる。今年も6月30日にSymantec社から自動延長案内メールが届いた。4は購入したばかりで「Office Premium PIPC向けOffice365」が1年間有効でインストールされている。

所が今年は5月28日を皮切りにSymantec社からNorton Familyの有効期限到来案内が10日置き位にメールで届くようになった。例年届く上記の案内とは別にである。この2つの関係が判らなくて、どうすれば良いか東京にあるSymantec社のNorton担当部門に電話で聞いた。担当は最近はどの会社もそうであるが、日本語を話す中国人だ。結果判ったことは、Norton Familyは小さな子供達の使うPCを管理するもので、購入後1年到来して無料では無く課金されるので、その案内だと言う。こちらは申し込みアクセスをしないと課金されないので放って置くことにした。

もう一つ不思議なデータを見つけた。Nortonのホームページでサインインして「マイノートン」から「マイデバイス」をクリックすると、3機種まで可能な内「デスクトップ」と「タブレット」が保護されていると表示され、「他のデバイスにインストールする」との表示が1つ現われた。これは2機種までNorton Securityで保護するデバイス(機種)として認識していて、あと1つ追加出来ると言うものだ。

所が同じ「マイノートン」にある「サブスクリプション」をクリックすると、何とセキュリティは「3個のライセンス使用済み」と表示され、「ライセンスの管理」をクリックすると使用しているデバイス名が3つ表示された。内2つは上記にある通り今使っているデスクトップPCとタブレットPCだ。今使っている富士通の一体型はもう古くてMicrosoft社もWindowsのサポートを完了している。その為、個別に同社が表示するリニューアル案件を手入力でダウンロードしている。となると、3つ目の使用デバイス(機種)は?と考えたら、4年程前購入したDELLの画面とキーボードを接続出来るPCで、当初は私達が使っていたが娘が日本に戻る際渡したもので今でも使われている。

疑問はライセンス管理には4年前購入のPCが登録されているのに、デバイスには表示されていないことだ。これは登録されているが、セキュリティの更新が行われていない為だと教えられた。このPCを登録から削除して私の小型PCを登録する方法もあるが、そうしたら娘が困ってしまうのだろう。それに小型PCは容量が小さいのでNorton Securityをダウンロードしてインストール出来るのか不明だ。今でもMicrosoft社から来るソフトの更新も容量不足で出来ない状態だ。今の「Office Premium PIPC向けOffice365」が期限切れ前に通知が来るので、そこで延長する分には新たなソフトを入れる訳ではないので十分かもしれないと考えている。

次回は、“Penangに無料貸し傘現る”です。

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

古いWindows Vistaパソコンがおかしい

2018年7月5日(木) No.1054

最近Penang周辺で有毒クラゲ “イルカンジクラゲ”が確認され始めた。先月27日にはLankawi島で遊泳中だったSweden人が刺されて死亡した。Malaysiaには有毒クラゲが居ないと言われていたが、温暖化の影響か海流変化の影響か、昨年来Penang近海で何度か確認されている。このいイルカンジクラゲは体長こそ1.2~2.5cmと小さいが、触手が1mにも及ぶのが特徴。刺されたら背中や胸に激痛が走り、血圧が一気に300近く迄上昇し、死亡に至ると言う。シュノ―ケリングも命懸けの時代になってきた。

今回は、“古いWindows Vistaパソコンがおかしい”です。

嘗て娘が使っていた富士通のWindows Vistaの一体型PC(スクリーンとPCが一体になっている。ノートブック型と違って立てた画面の裏側にPC機器が設置されていて、操作にキーボードやマウスが別途必要)の操作上で、いよいよ古くなって操作が上手く行えない局面が出始めた。特にInternet Explorerでの作業に困難を記している。最新のInternet Explorerをダウンロードすることが出来ず、古いバージョンで使用している為、受けきれない事態が頻繁に発生している。

具体的には、

1.PCを立ち上げた時にWindowsマークの丸い枠の中に旗の様なものが出ないで、立ち上げが出来ないという警告が出る時がある(何時もでは無い)。最近はシャットダウンせずにログオフをして寝ることにしている。

2.幾つかの検索が、ブラウザーが古いので表示出来ない。新しいブラウザーをダウンロードする様に、と表示が出る。しかし、Windows Vistaのサポートは終了しているのでInternet Explorerを最新版に更新できない。

3.幾つかのホームページが開けない。例えば、このblogの今のページを開けない。現在、このblogはGoogle Chrome上で作成している。又、ニュースサイトでも、読売新聞ニュースやニューズウィーク日本版やWSJは開けないし、産経新聞ニュースやLivedoorニュースは時々フリーズしてニュース内容を詳しく開きに行けないし、CIMBの為替交換レートも開けない。Google Earthが開かない。

4.Internet Explorerで文字変換が出来ない。ローマ字入力→日本語ひらがな表示→漢字変換の機能が全く働かない。Google Chromeで行うと可能だ。このBlogもGoogle Chromeで開いて作成している。

5.USBジャック機能が良好に働かない。オーディオアンプに接続しても音が出てこない時があり。USBコードを別のPCで使用してみたが、きちんと稼働している。パソコンサイドの問題の様だ。

6.一体型PCのスピーカーから出る音性が音割れする。ヘッドフォンで聞くと音割れはないので、スピーカー機能の劣化か?

こんなこともあろうかと、昨年春Windows 10のデスクトップを購入してPenangに持ってきたし、他にもWindows 10の小型PCも昨年秋購入したし、以前から使用しているWindows 8のタブレットPCがあるので心配はしていないが、何せ使い慣れたWindows Vistaだったので新しいPCの操作には未だ精通していない所が多い。それにプロンターやスキャナーは、この古いVistaに繋がれている。

私は会社のネットワーク化過程で育ったものの、ネットワークの問題や、PCに関する設定やトラブルは専門部門が担当していて、その専門部門の担当者に連絡するとデスク迄やってきて修理なり、設定等全てやってくれていたので、詳しい訳ではない。それが退職すると誰も手伝ってはくれないので、全て自分でやらざるを得ない。子供達の方が圧倒的に柔軟で知識も豊富だが、如何せんMalaysiaとは離れているので詳しく相談し手解き受けることも出来ない。勢いネットで調べたり、聞きかじりを手探りで試しつつ実行している。歳と共にこうした理解度も衰えていくんだろう。

次回は、“パソコンのセキュリティソフト”です。

 

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

体組成計

2018年7月2日(月) No.1053

Penang州政府は、環境汚染に繋がるプラスチック製ストローやその他使い捨て容器を禁止する方向で検討している。Singaporeでは既に止めている実績がある。Penangでは2009年からプラスチック製買い物袋の有料化に入っているが、小規模店舗や生鮮品市場は対象外となっている。

今度は食べ物を詰める容器や飲み物に付いてくるプラスチック製ストローも禁止にしたいらしい。飲物を小さなプラスチック袋に入れてストローで吸うことも出来なくなるのか?

今回は、“体組成計”です。

航空会社のマイレージの期限が到来する案内が届き、直ぐに搭乗する計画も無いことから、幾つかの商品群の中から選択することにした。候補としたのは、体組成計か手首血圧測定計。

嘗て手首血圧測定計を入手しPenangへ持ってきて使っていた経験はあったが(今は壊れて使えなくなったので捨てた)、今回は体組成計を貰うことにした。所謂嘗ての体重計にプラスして幾つかの項目測定を追加できる様にしたもので、今や日本で極く普通に普及しているものだ。

性別と身長と年齢をセットすると、適時体重・BMI・・体脂肪率・筋肉量・骨量・内臓脂肪・基礎代謝量・体内年齢・体水分率を順次表示される。

性別や身長・年齢に応じて其々基準範囲がある。詳しくは計算式に基づいて算出される。毎日計測しても変化量は気付きにくいが、毎月末計測を続けることで、変化が判り易くなる。一応全てがレンジ内に収まっているので安心したが、体脂肪率と筋肉量と骨量が基準値内にあるとはいえ少々少ないと出た。学生時代から新入社員迄の頃は運動していたはずなのに・・・。止めてしまうと嘗ての面影は消えてしまうと言うことか?日本に居た頃、生協の店頭で骨密度検査サービスがあって夫婦で受けてみたが、日頃心配していた妻は年齢相応以上だったのに対し、私は少なめで「旦那さんの方が骨粗鬆症に注意して下さいね」と言われた覚えがある。骨が細い方なんだろうか?

次回は、“古いWindows Vistaパソコンがおかしい”です。

 

カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) | コメントをどうぞ

圧力鍋を購入

2018年6月28日(木) No.1052

今回は、“圧力鍋を購入”です。

今迄使っていた圧力鍋が、なかなか圧力がかからなくなり、Hariraya Puasa(=ハリラヤ・プアサ、断食月「ラマダン」明けの休日)に向けて安売りが行われるのを目掛けて購入した。

Queensbay MallにあるAEONへ出掛けて物色。所がガス&電気レンジ対応の圧力鍋は僅か一銘柄しかなかった。メーカーはZebra Thailandでステンレススティール製。メーカー名は聞いたことはないが、50年の歴史を持つ企業だった。Thailandから派遣されたのか或いはPenangに住むThai系らしい女性がここの専属販売担当だった。先ずは聞き取りにくい英語で苦労していると、偶々客として来ていたThai女性が仲介してくれ、販売女性がThai語で→客として来ていたThai女性に話し、今度は客として来ていたThai女性が英語と片言の日本語で私達に使い方を説明する、というやりとりを何度かして漸く食材毎の料理切替方法を教わった。

以前見かけた時にはTefal製の圧力鍋を見掛けたのだが、今回はこの銘柄一つだけだった(電気式圧力鍋はPhillips製もあったが)。それでも6ℓ用の圧力鍋でセール商品ながらRM414(約1.2万円)もした。日本製の電気式圧力鍋を日本で購入して持って来ているが、コンセント形状が異なる上(アダプターを買えばよいのだが)、日本の100V対応なのと(変圧器が必要)、最大800Vの消費電力商品なので余裕を持って1200V程の変圧器が必要(3~4万円もする)と判り、使うことを断念していた。

調理終了後15分~30分待った上で、圧力鍋の蓋は従来の内側に押し込むように力を使って締めることで明けるのではなく、単に回転させるように捩じれば開く簡単なものだった。以前購入したパン製造器と共に、我が家の活躍道具になっている。

次回は、“体組成計”です。

カテゴリー: Longsray日記(ペナンのショッピング) | コメントをどうぞ

不審メール

2018年6月25日(月) No.1051

毎朝涼しくなってきた。早朝の散歩は気持ちがいい。きっと気温が22~23℃程度だからだろう。僅かな風も楽にしてくれる。今9時半、そよそよと部屋に風が入ってきて気持ちが良い。

今回は、“不審メール”です。

先日メールを検索中に下記の様な不審なメールを発見した。

「お使いの Apple IDは、セキュリティの問題により使用が停止されています。
Apple「noreply01@applemail.company」

ご利用の Apple ID※※・・・私のWindowsメールアドレス)に新しい支払いを設定いただきありがとうございます。

日付けと時刻:201806128:36JST
のプラウザ:Google Chrome for Linux

セキュリティ設定の確認と更新を行うには、Apple IDアカウントページにアクセスします。他のユーザーが不正にお客様のアカウントにアクセスしていると思われる場合は、すぐにセキュリティの詳細設定を変更してください。

お客様がこのメールを受信された理由
メールアドレスが Apple IDとして指定された場合は、必ず確認が必要となります。
この Apple IDは、確認が完了するまでご利用になれません。

今後ともよろしくお願いいたします。

Appleサポート

AppleID|サポート|プライバシーポリシー

Copyright©2018 i Tunes〒106-6140東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ All Rights Reserved                               


何が不審かと言うと
1.私はApple製品を全く使っていない
2.ブラウザとして表示された「Google Chrome for Linux」で、Linuxを使っていないこと
3.発信日時として表示された日本時間8:36は、つい直前でしかもメールを順に検索中だったこと

Apple IDアカウントページにアクセス」という言葉にマウスを充てると指マークが表示されたので、クリックしたが開かない。そもそもAppleを使っていないんだからセキュリティ設定確認すら出来ない。

そこで日本のAppleに電話して確認。
驚いたことにarajaで検索して表示された一番上のApple-Remote Supportを開いて、Apple側の指定されたページに指示された暗証番号7桁を入力すると、何と先方側から私のメールを見れる仕組みになっていた。それを参考にApple側が自身で発信したメール履歴と突合させた所、「Appleからの発信メールでは無いのでフィッシングの可能性が高い。なので画面を開いてメール発信側の指示に従ってカード情報等送らない様に」とアドバイス受けた。幸い今回のメールには先に記した不審な点が先に見つかったことや、Appleに電話して不審メールであることを確認できたので、何もせず事なきを得た。

注意!  注意!

次回は、“圧力鍋を購入”です。

 

 

カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) | コメントをどうぞ