歯磨き粉

2019年8月2日(木) No.1159

7月30日は新国王即位式で急遽祝日となった。当日午前中、Pahang州SultanであるAl-Sultan Abdullah Rl’ayatuddin Al-Mustafa Billah Shah ibini Almarhum Sultan Haji Ahmad Shah Al-Musta’in Billah(アル・スルタン・アブドゥラ・リ・アヤトゥディン・アル・ムスタファ・ビラー・シャー・イビニ・アルマハム・スルタン・ハッジ・アフマド・シャー・アル・ムスタイン・ビラー氏60歳,兎に角名前が長い)が第16代Malaysia国王に即位した。それにしても前国王は若いRussian美女との恋に落ち、就任僅か1年で電撃退位したのに、今や離婚の憂き目に・・・。

今回は、“歯磨き粉”です。

Penangに暮らしていても歯磨き粉は今迄日本のものを使ってきた。日本へ一時帰国した際に買って来るのだが、当地の「明治屋」という日本製品を扱っている店や「ダイソー」に行けば幾らでも日本の歯磨き粉は売っている。勿論日本で買う値段より5割程高くなるが(ダイソーでライオンの「White & White」がRM6程(約160円))。

最近日本製ではない品を使い始めてみた。価格は日本とあまり変わらない。

よく広告に載っている「Colgate」。製造国はわからないが、Malaysia、Singapore、Burnei、中国の拠点案内文字を読み取れた。「Colgate」自体は日本のドラッグストアでは購入出来ないらしいが、ホワイトニングで有名なCRESTと並ぶ米国の2大ブランド。

Dentobac NEEM。Goran PhamaというIndiaの会社の製品で、GeorgetownのIndian街で購入した。natural NEEMと表記されている。「NEEM(ニーム)」とは主にIndia・東南Asiaで栽培されている薬木(インドセンダン)で、様々な効果から「奇跡の木」とも呼ばれ、その中でもNEEMがもつ「虫を寄せ付けない忌避効果」が世界的に注目されている。

Himalaya。これもGeorgetownのIndian街で売っているが、Gurney Plazaの地下にHimalaya商品専門店があるので、ここで購入した方がIndian街より安かった。India製で歯磨きとしては結構値段の高い方の部類に入る(Colgateの2倍の値段)。2種類購入して未だ使用していないが。

歯磨き粉ヒマラヤ

他に黒いシルクハット姿の頭部の絵柄のDARLIEもある。

次回は、“要注意!Dengue Fever急増中”です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longsray日記(ペナンのショッピング) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中