体組成計

2018年7月2日(月) No.1053

Penang州政府は、環境汚染に繋がるプラスチック製ストローやその他使い捨て容器を禁止する方向で検討している。Singaporeでは既に止めている実績がある。Penangでは2009年からプラスチック製買い物袋の有料化に入っているが、小規模店舗や生鮮品市場は対象外となっている。

今度は食べ物を詰める容器や飲み物に付いてくるプラスチック製ストローも禁止にしたいらしい。飲物を小さなプラスチック袋に入れてストローで吸うことも出来なくなるのか?

今回は、“体組成計”です。

航空会社のマイレージの期限が到来する案内が届き、直ぐに搭乗する計画も無いことから、幾つかの商品群の中から選択することにした。候補としたのは、体組成計か手首血圧測定計。

嘗て手首血圧測定計を入手しPenangへ持ってきて使っていた経験はあったが(今は壊れて使えなくなったので捨てた)、今回は体組成計を貰うことにした。所謂嘗ての体重計にプラスして幾つかの項目測定を追加できる様にしたもので、今や日本で極く普通に普及しているものだ。

性別と身長と年齢をセットすると、適時体重・BMI・・体脂肪率・筋肉量・骨量・内臓脂肪・基礎代謝量・体内年齢・体水分率を順次表示される。

性別や身長・年齢に応じて其々基準範囲がある。詳しくは計算式に基づいて算出される。毎日計測しても変化量は気付きにくいが、毎月末計測を続けることで、変化が判り易くなる。一応全てがレンジ内に収まっているので安心したが、体脂肪率と筋肉量と骨量が基準値内にあるとはいえ少々少ないと出た。学生時代から新入社員迄の頃は運動していたはずなのに・・・。止めてしまうと嘗ての面影は消えてしまうと言うことか?日本に居た頃、生協の店頭で骨密度検査サービスがあって夫婦で受けてみたが、日頃心配していた妻は年齢相応以上だったのに対し、私は少なめで「旦那さんの方が骨粗鬆症に注意して下さいね」と言われた覚えがある。骨が細い方なんだろうか?

次回は、“古いWindows Vistaパソコンがおかしい”です。

 

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中