JALがLCCを飛ばす

2018年6月21日(木) No.1050

Penang島と本土側Butterworth間のフェリーがRapid Penangの傘下に組み込まれたが、幾つか変化が見られた。先ず、各々のフェリー待合出口に、電光掲示板で次のフェリーの出発時刻と、更にその次のフェリーの出発時刻の2つが表示されるようになった。次に各フェリーの外装手直しを行い、Penangを想起させる絵が描かれている。尤も、こうしたからといって乗客が増える訳でもなく、フェリー部門だけで見れば相変わらず赤字運航なのだろう。

今回は、“JALがLCCを飛ばす”です。

Malaysiaの雑誌EXPATに “ Japan Airlines to Launch New Budget Airline” との記事が掲載された。内容は、AsiaやEurope・USAの国際市場に2020年夏迄に格安航空サービスを開始すると。新しい会社名は未定だが、成田国際空港を拠点に運営される。使う機材はBowing787-8で始めるらしい。

日本航空の役員の報道として、日本航空は現在Jetstarと組んで運営しているが、この報道では新しい会社を立ち上げるとなっている。会社は2018年7月に設立され、2020年に飛ばし始める。日本航空は現在MalaysiaのKuala Lumpurとの間に毎日飛ばしている他、全日空も毎日、更にMalaysia Airlinesは2便/日、各々成田空港に飛ばしている。Malaysia Airlinesは関空にも。そして格安航空Air Asiaは、羽田空港だけでなく新千歳空港・関空等にも飛ばしている。

嘗ては福岡空港へも直行便が飛んでいたので、まだまだ日本便はキャパがあるのだろう。その内、福岡直行便も復活するだろう。

Malaysiaに全く関係ない話なら、Malaysiaに関する記事のみを掲載している雑誌に、わざわざ日本の航空会社の記事を載せることはないだろう。

次回は、“不審メール”です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ロングステイに向けて) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中