週に2回も郵便局預かりが

2018年6月14日(木) No.1048

RM1兆もの国の巨額債務発覚問題で、国王が在任中10%費用削減を発表した他、Hari Raya終了時のオープンハウス(国民に無料で食事を振舞う)の開催を見送り経費削減に協力することを発表した。

今回は、“週に2回も郵便局預かりが”です。

先週、Tanjung Bungah郵便局で郵便物を預かっているとの通知状が、2日連続で私の郵便受けに入っていた。通知状には差出人も内容物も全く記されていない。近いとはいえ態々郵便局に迄受け取りに出向いた。

最初に受け取りったのは普通の封書。以前にも記した昨年の急病に拠る日本帰国中止に伴う各種費用の内、AMEXキャンセルプロテクションを活用した際に提出した書類の返却。何等郵便局留めにする必要も無いもので、勿論私の郵便受けにも十分投函可能なサイズ・厚さだった。尤も重複書類等を返却されるとは思ってもみないことで、AMEXとは言え日本法人の仕事振り発揮だった。

翌日受け取ったのは日本の知人からのSAL便。流石にこれは郵便受けに入らないサイズだが、冷蔵がベターな食べ物が入っている。当地では冷蔵なんて気の効いた保管なんぞする訳も無く、こういう物は早く引き取り自身の冷蔵庫に保存する必要がある。

建物の1階にある郵便受けに入らないものを、高層階迄持ってきてくれるなんてサービスは期待薄の国だ。宅急便の場合は部屋の入口まで来てくれて、パスポートチェックをして渡してはくれるが。

次回は、“どりあんシーズン”です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中