旧政権の問題露呈

2018年5月28日(月) No.1043

Penang島の中心部George TownのJalan Penangで19日午前4時頃、39歳の英国人男性旅行者が集団暴行を受け意識不明となった。午前4時頃といえば未だ夜も開けず真っ暗(勿論街灯は点いているが)の状態で、交通機関も動いていない時間。こうした時間の外出は避けよう!

今回は、“旧政権の問題露呈”です。

政権が代わると、前政権の指導者達をまるで魔女狩りの様に糾弾し、果ては死に追いやるのは韓国の得意技と思っていたが、Malaysiaで初めて総選挙で野党が圧勝したが、旧政権時に疑問とされた数々が暴かれつつある。

1.政府系ファンド「1MDB」公金不正疑惑追求者への逮捕状却下

前政権の公金不正疑惑をソーシャルメディアや主要経済紙「Edge」の報道を受け、Malaysia内部情報告発サイトで公にしたSarawak Report創立者であり編集者のClare Rewcastle Brown(クレア・ルーキャッスル・ブラウン=ブラウン英国74代首相の義妹)さんは前政権時代に、暴露した情報が元で逮捕状が出されていたが、新政権誕生で逮捕状が却下された。5月19日Malaysia入りした。再度彼女から情報提供が考えられる。

2.政府系ファンド「1MDB」公金不正疑惑解明に米国、Swizerland、Singapore、Canada等の関係機関に協力を求め、事件に全容解明を急ぐ。

疑惑を調査する政府の特別調査チーム代表4氏(前検事総長、前MACC委員長、汚職摘発委員会委員長、警察庁公安部部長)が5月24日午前11時、首相府で米国司法省・FBIの代表団と会合を開いた。米国他各国はこの不正疑惑からマネーロンダリングも疑っていた。一部資産凍結か取引停止になっていたと思うが。

3.Najib前首相の捜査継続

Najib前首相所有の私宅から押収された現金(各国紙幣)の金額は、詰め込まれていた30袋の中に約RM1億2000万(約32億円)。 嘗て日本で3億円事件が府中であった。ジュラルミンケース3箱だったが、当時の解説で一人で持ち運びするにはかなりの重さだとなっていた。32億円!一体どの位なんだろうか?日本の1万円札は世界でも高額紙幣なので、他国の紙幣なら更に枚数が嵩むはずだ。

4.12年前のMongolian女性殺害事件が蒸し返される

Mongolian大統領から5月16日Mahathir新首相に書簡が届き、2006年10月にMalaysiaで起きた警察官によるMongolian女性殺害事件の再捜査を求められた。2006年10月18日、Mongolian元モデル(当時28歳でMongolの大学教授の娘)がKuala Lumpur郊外の密林で射殺された上に証拠隠滅のために死体を爆破された異常な状態で発見された。事件後、政府高官のボディガードを務めていた警察官2人と、Najib副首相(当時)の側近が殺人容疑で起訴された。犯人達には動機が無く、Najib前首相との仲が疑われたが、犯行を指示したとされたNajib前首相は2008年に証拠不十分で無罪となっていた。

5.政府の財政赤字額が虚偽報告されていた疑いが持たれている

政権は23日までに、政府系ファンド「1MDB」の救済のため、約RM70億(約1,900億円)の政府資金が流用されていたことを明かした。1MDBはNajib前首相やその周辺による不正な資金流用疑惑の舞台となったファンド。Najib前政権は1MDBが自らの経営合理化で利払い費などを捻出したと説明していたが、こうした説明は虚偽だったと情報が流れた。又こうした背景から政府の財政赤字が公表されている額より大幅に多かったと発表され、新政権大臣たちの報酬を10%カットすることに。

次回は、“日本から真空管アンプを持ち込む(1)”です。

 

 

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中