Malaysia航空、こんな不誠実な航空会社もう絶対に使わない(2)

2018年3月29日(木) No.1037

今回は、“Malaysia航空、こんな不誠実な航空会社もう絶対使わない(2)”です。

次回の続きで、幾つか行動を起こすことにした。

1.知人のMM2H(Malaysia My Second Programme)業者に「泣き寝入りしかないのかな?」と聞いた所。「私なら闘い続けます」と返答有り。

2.先ず日本の消費者センター(Malaysia航空東京が事務所を構える東京都港区)に事情説明。消費者センターは基本住まいか会社の住所地から申し込みだが、私の様に海外在住者は聞き置き情報共有するだけで、相手に調査指導等は出来ない。それでも全国の消費者センターに情報は共有される、と。窓口の女性から「Malaysia航空に関してはカスタマーセンターに関する苦情が以前にも寄せられている。私もMalaysiaと連絡を取った経験があるが、非常に癖のある英語で聞きとるのに苦心した」と。

3.日本領事館に事情説明。山川総領事が対応。但し、直接航空会社へクレーム行動は採ってくれない。

その後現地の旅行代理店の知り合いに事情説明して対応策を相談

1.ココナッツクラブ橋詰女史

2.Golden  Adventure Travelの黄社長(早稲田大学院卒)

何れもMalaysia航空の対応に疑問持ち、返されるべきものとの判断

アドバイスに従い、先ず今一度カスタマーセンターにメールで「昨年9月11日に電話で解約申し入れしている+9月27日にキャンセル証明書を発行して貰っている+1月10日以降断続的に返金交渉続けている」と言って、「1月15日以前に返還金請求意図を示しているので、今一度Refund部門と交渉を」お願いした。

それでも帰ってきた答えは、「1月15日で返還金請求期限が切れているので支払わない」というもの。

 

次の策として、カスタマーセンターでは無くMalaysia航空のオフィスに直接出向き説明することに。所が前回記したようにPenangにはもうオフィスがなく(ホームページだけは立派に残っているが)、教えて貰ったのがKL Sentral駅構内にあるCAT(City Air Terminal)にあるMalaysia航空のオフィスに直接行くより方法がなかった。

結局電車で往復+ホテル1泊で戻ってくる返還金分は使ってしまったが、もう金額の問題ではなく、誠実に仕事をこなしてくれるかだけなので。

そのCATにあるMalaysia航空のブースで書類を示して説明した所、窓口の女性(Nor Askin Mohamadさんという若くて綺麗な女性)は完全に理解してくれて返還金処理をしなければならない案件と言ってくれた。そして私のクレジットカード番号を控えて処理手続きを押し進めると言ってくれた。念の為Golden  Adventure Travelの黄社長にも、この窓口女性と話して貰い確認して貰った。

1ケ月に及ぶ交渉だったが、KL Sentral駅構内にあるCATで首尾よく進まなかった場合は、当地の消費者センターに持ち込む予定だった。

さてCATのNor Askin Mohamad女史の手回しが効いたのか、程なくグローバルカスタマーセンターから、返還金を支払うので受け取り側の情報を提供するようメールがあった。つい2週間程前には支払い期限到来で返還できないとメールをよこした同じ担当者からである。この変わり身は何だ?

そして「速やかに返金すべく手続き中なので、暫し待って」とメールが来たのが2月中旬。既に1ケ月以上経過している。一応2週間後、1ケ月後に、未だかと催促のメールを送った。帰ってきたのは返還手続きの受付番号だった。2ケ月後、3ケ月後にもしつこくメールで催促するつもりだ。そして3ケ月経っても返還を確認出来なければ、最後の手段は・・・Malaysian Aviation Commissionに訴えることにした。

Malaysian Aviation Commission(マレーシア航空委員会のことでMavcomと称す)は、は民間航空と空港運営を監督する機関で、2015年民間航空法にもとづき2016年3月1日に設立された。航空会社の対応だけでなく、空港に関する苦情も受け付ける、それのみ対応の専門部門だ。

3月13日発表の情報記事を見ると、2017年7月~12月期に寄せられた航空会社(721件)、空港(14件)に対する苦情は735件で、前年同期比23%の増加だった。735件中、99.7%は解決したという。

Malaysia航空に対する苦情が最多で、苦情全体の39.6%を占めた。Air Asia、Malindo Airへの苦情は、それぞれ23%と22.9%を占めた。
苦情の内容は「払い戻しの遅れ」、「預け荷物の処理の不手際」、「フライトの遅延およびキャンセル」がトップ3。

次回は、日本へ短期間一時帰国するので、4月23日です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ロングステイに向けて) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。