Rapid Penangバス車内に停留所案内スクリーン設置

2018年3月19日(月) No.1034

今回は、“Rapid Penangバス車内に停留所案内スクリーン設置”です。

Penang島内だけで無く本土側も網羅しているRapid Penang Bus。
このバス車内の、前の乗車口と真ん中辺りの降車口付近天井にスクリーンが設置されている。丁度飛行機の離陸前のシートベルト説明に出てくるようなスクリーンをイメージして貰いたい。最近このスクリーンが稼働始め、停留所を表示するようになった。表示は2通りあり、一つは次の停留所の名前が表示されるもの、もう一つは停留所を過ぎると次の3つの停留所名が縦に表示され、各々の間の所用時間が分数で表示される。
日本の様に運転手が言うのではなく、スクリーンに表示されるだけだ。当然渋滞やルートが様々なバスが走っているが、注意して見ると表示はきちんとなされている。唯空いている道をスピード挙げて走ると、スクリーン上の次の停留所表示が追い付かず、正に停留所前を通り過ぎようとする頃に表示されるので、初めての人はひょっとすると一停留所遅れるかもしれない。勿論3つ先の停留所が表示されるのを見て、注意していれば一つ前の停留所で気付きはするのだが・・・。

そしてもう一つ変更になった点は、現金でバスチケット購入の時は、運転手に行き先を告げると、運転手が左前にある小さなスクリーンに入力し、刻印されたチケットがプリントされる様になったことだ。今迄は運転手に行き先を告げると、運転手が小さな細長いチケットを束から抜いて出してくれていたので偶には運転手に拠って料金が異なることもあったが、これからは入力された機械内でチケット発券なので、不正も出来なくなるだろう。

唯停留所毎に乗客対して運転手がこんな機械操作するものだから、今迄以上に時間が掛かっているようだ。そして導入2日目にこのスクリーンタッチ式チケット販売は、あえなく元に戻されてしまった。

次回は、“駐車場で遂に電気自動車を発見”です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中