10年以上振り?納豆を食する

2018年2月12日(月) No.1025

 今回は、“10年以上ぶり?納豆を食する”です。

元々納豆は好きだったのだが、持病の投薬で食すること禁止されていたのだ。

他にもほうれんそう、青汁、クロレラ等も駄目で、ブロッコリーは少々なら、という状況だった。

これらはいずれもビタミンKが豊富な食材であるのだが、私の服用している薬の効果を阻害する為、食することを制約されていたのだ。特に納豆とほうれん草は絶対駄目と言われて、頑なに守ってきていた。

それが先週の血液検査でINR(International Normalization Ratio)が4.1台(通常の人は1)に乗り医師は吃驚。即座に服用を4日止めて、5日目から薬の量を2割減らして服用するように指示された。

この4日の服用停止期間を利用して納豆を食べまくった。薬の効果が効き過ぎているのだから、納豆を食して薬の効果が下がる分には問題無かろうし、4日も薬を飲まないんだから、この機会を逃すまいと、朝昼晩納豆を食し、十分満足した

薬の効果が効いていると、出血が止まりにくくなり、増してやINR4.1台という水準は、怪我のみならず内出血でも止血出来ずに出血大量死も想定されるのだ。今迄は、胃カメラを飲む時、歯の治療の時、等々出血の恐れのある時は服用を一時見合わせたこともある

それにしてもINR4.1台とは信じられない。薬の服用は、毎日指定された時間に、指定された量を服用していたはずなのに。今迄4.1台等と言う水準は経験したことは無い。高くても2台後半だった。病院側の検査過程で何らかのミスをしていたのではないかと疑っている。減量投薬での次回の検査が楽しみだ。

勿論投薬量が減り続けるのは嬉しいが・・・。もっと言えば飲まずに済むなら、それに越したことは無い。

次回は、“Penang-Doha直行便就航”です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

10年以上振り?納豆を食する への2件のフィードバック

  1. もりたひろし より:

    明治屋で納豆を買うと高くて・・・。  ペナンで納豆菌を売っている所をご存じないですか。先般、ビール酵母菌で試作しましたが、不味くて食えませんでした。

    • ペナンでは納豆菌は売っていません。
      方法は2つ。 
      一つは、日本で納豆菌を買って持ってくる。
      もう一つは、蒸した豆の中に、売っているパックの納豆を混ぜ込み、保温しておく。
      これしかないと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中