The Asia-Pacific University Rankings 2017(アジア太平洋地域の大学ランキング2017)

2017年7月24日(月) No.983

来月19日~31日の間、Kuala Lumpurで第29回東南Asia競技大会が開催される。闘争心の薄い、競争心の弱い、Malaysia民族。奮起を期待したい。毎回の如くMalaysiaの成績は芳しくない。Malaysiaより発展の遅れている、所得の低い国々に、いとも簡単に敗北するのだ。メダル数は当然毎回ビリ圏内。地元開催だけに少しマシな結果を期待してテレビを見よう。

今回は、“The Asia-Pacific University Rankings 2017(アジア太平洋地域の大学ランキング2017)”です。

英国のTimes Higher Education(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)は、7月4日に、「The Asia-Pacific University Rankings 2017(アジア太平洋地域の大学ランキング2017」を発表した。このランキング発表は、今回が初めて。
「アジア太平洋地域の大学ランキング2017」は、同機関が行っている世界大学ランキングと同じ評価基準を用い、Asia、Southeast Asia、Oceania地域、合わせて38ケ国・地域の大学を分析し、以下の13ケ国・地域の200以上の大学を格付けした。
Australia、中国、香港、Indonesia、日本、澳門、Malaysia、New Zealand、Philippine、Singapore、韓国、台湾、Thailand。

THE-TR 2010年からの評価指標は
1.教育30%
(1)研究者による評価(15%)
(2)教員当たり学部学生数(4.5%)
(3)学士授与数当たり博士授与数比率(2.25%)
(4)教員当たり博士授与数(6%)
(5)教員当たり収入(2.25%)
2.論文引用(学問分野の違いを調整)32.5%
3.研究30%
(1)研究者による評価(19.5%)
(2)教員当たり研究収入(5.25%)
(3)教員当たり論文数(4.5%)
(4)研究収入中の公的資金の割合(0.75%)
4.国際5%
(1)外国人教員比率(3%)
(2)外国人学生比率 (2%)
5.産学連携・・・教員当たり産学連携収入2,5%
下記はWeb参照
https://www.timeshighereducation.com/student/best-universities/best-universities-asia-pacific-region-2017

ランクインした大学がもっとも多かった国は日本で69大学。中国は52大学、Australiaは35大学、台湾は26大学、韓国は25大学、Thailandは9大学がランクインしている。
Malaysiaの大学では、次の5大学が200位以内に入った。
Putra Malaysia(UPM)  121-130
Universiti Teknologi Malaysia(UTM) 121-130
Universiti Teknologi Petronas(UTP) 131-140
Universiti Sains Malaysia(USM) 141-150
Universiti Kebangsaan Malaysia(UKM) 151-160
上記の4番目のUniversiti Sains Malaysia(USM)は、Penang島内に広大な敷地の中にある大学だ。中に博物館があるので見学がてら敷地内に入れる(正面ゲートで申告必要)。
更に201+に、Universiti Teknologi MaraとUniversiti Utara Malaysiaの2大学が名を連ねている。

「The Asia-Pacific University Rankings 2017(アジア太平洋地域の大学ランキング2017」のベスト10は、
1位 Singapore国立大学(Singapore)
2位 北京大学(中国)
3位 Melbourne大学(Australia)
4位 清華大学(中国)
5位 南洋理工大学(Singapore)
6位 香港大学(香港)
7位 香港科技大学(香港)
8位 Australia国立大学(Australia)
9位 東京大学(日本)
10位 Queensland大学(Australia)

又日本の大学の順位は
東京大学(9位)
京都大学(22位)
東北大学(37位)
東京工業大学(42位)
大阪大学(46位)
名古屋大学(50位)
豊田工業大学(56位)
九州大学(62位)
東京医科歯科大学(72位)
筑波大学(75位)
北海道大学(76位)
東京都立大学(86位)
広島大学(101-110位)
千葉大学(111-120位)
金沢大学(111-120位)
慶応義塾大学(111-120位)
大阪市立大学(121-130位)
神戸大学(131-140位)
高知大学(131-140位)
熊本大学(131-140位)
東京農業大学(131-140位)
早稲田大学(131-140位)
順天堂大学(141-150位)
名古屋市立大学(141-150位)
岡山大学(141-150位)
横浜市立大学(141-150位)
東京理科大学(151-160位)
豊橋技術科学大学(161-170位)
慈恵医科大学(171-180位)
近畿大学(171-180位)
名古屋工業大学(171-180位)
信州大学(171-180位)
山形大学(171-180位)
長岡技術科学大学(181-190位)
長崎大学(181-190位)
新潟大学(181-190位)
富山大学(181-190位)
山梨大学(181-190位)
横浜国立大学(181-190位)
中央大学(191-200位)
岐阜大学(191-200位)

次回は、“GDPから見るPenangの特徴”です。

広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンで学ぶ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中