リゾート地の楽しみが無くなった・・・

2011年9月15日(木) No.498

International Islamic University Malaysia(国際イスラム大学)が7月実施の調査結果で、

・多くのMalaysianは、国家の将来の見通しを前向きに見ており、国家の発展に自信を持っている

・一方、懸念事項として掲げたのは、犯罪(全体の21%)や生活費上昇等経済(17%)、政治紛争(13%)、社会問題(16%)、民族結束(8%)、不法滞在外国人(5%)

こうした点が反映されたのが、英国のthe Economist Intelligence Unit’sが8月30日発表した「世界で最も住みやすい都市」ランキングで、Kuala Lumpurは140都市中で78位と中段に埋もれてしまった。
トップは豪Melbourneで、2位はWien。長年トップを維持していた加Vancouverは3位に後退した。アジアでは大阪12位で、東京18位、香港31位、Singapore51位、Seoul58位、台北61位、北京72位に次ぐ順位。少しでも上げてもらいたい。

今回は、“リゾート地の楽しみが無くなった・・・”です。

Penang島のリゾート地と言えば、Batu Ferringhi(バトゥ フェリンギ=外国人の住む所と言う意味。島の北北西に位置し、北東の街の中心George Townからは海岸沿いの道で20~30分かかる)。

海岸線沿いに、Rasa Sayang Resort、Golden Sand Resort、建て直したLone pine Hotel、Holiday Inn Resort、Parkroyal Hotel、Hard Rock Hotel、Bayview Beach Resort、これだけの大ホテルがひしめく。

これらのホテルの前は砂浜海岸線だ。所がこの1月に乗馬やバギーのライディングが禁止されたのに続いて、今度はパラセーリングや水上スクーターアクティビティーも禁止された。

結局何も出来ないということになった。そもそも波が殆どたたない海岸線故、サーフィンは元から出来ないし、遠浅ではないので遊泳禁止だし・・・。この上、アクティビティーが全て禁止されたら、それこそ退屈な砂浜でしかない!

観光客に出来る事は、ただ単に砂浜を歩くだけ???綺麗ではない海を眺めるだけ??これはつまらない!

これらを運営する人のしっかりした管理が疎かで事故が耐えない為らしい。この余波で20近いウォータースポーツ運営業者に雇われていた400人近いビーチボーイ達がお払い箱に?

さてどういう形で、再開認可が出ることになるのか。事故が原因の禁止通達なので、再発防止対策が採られた上でなければ、再開は容易ではなかろう。認可制を採るのか、資格制にするとか、ビーチボーイ達に安全対策訓練義務制にするとか、事故のペナルティ強化とか。

次回は、“VW車もMalaysia組立開始”です。

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中