コーラン朗読の拡声器使用禁止の通達

2011年9月12日(月) No.497

MalaysiaにLongstay始めて6年。日々お目にかかるMalaysiaの国旗の由来を当地の日本語新聞で初めて知った。

Malaysiaの国旗は「Jalur Gemilang(ジャロー・グミラン)」と言われ、「栄光のストライプ」と言う意味だそうだ。縦横比1:2が正式なデザインとか。

マレーシアの国旗

・赤と白の14本ストライプは、連邦政府+13州が平等な地位であることを表し

・左上の三日月は、Malaysiaの国教であるIslamのシンボル(Islam諸国は押しなべて)

・青は、Malaysiaの統一を願い、人々の団結を意味し

・三日月と星の黄色は、Malay支配者の高貴な色で、ナショナルカラー(国際的なスポーツ大会の選手ユニフォームもこの色)

Malaysiaとは「『Melayu(ムラユ)』の国」の意味。「ムラユ」という言葉自体は、サンスクリット語で「山脈のある土地」を意味する「Malayadvipa(マラヤドヴィパ)」が語源。古代Indiaの交易商達が用いていた言葉。

今回は、“コーラン朗読の拡声器使用禁止の通達”です。

日本では、TVで中東諸国や北AfricaやTurkeyが紹介されると、モスクからスピーカーを通じて四方に甲高いコーランを読み上げる声が響き渡っているのを見たことがあるだろう。

Muslimにとっては大事なお祈り時間を知らせるこの方法は、当然Malaysiaでも行われている。日本人には馴染みのない、日に5度のモスクからのコーランの響きに、中にはノイローゼになって日本へ帰国する人もいると聞く。

礼拝の大体の時間帯は、一回目は夜明け(6時少し前)、二回目は夜明け以降、三回目は影が自分の身長と同じになる迄、四回目は日没から日がなくなる迄、最後は夜。礼拝が始まる時間は、ムアッジンと呼ばれる人によって告げられるが、これをアザーンという。

Penangの知人から聞いた話では、

1.ホテルが多い地区(Tanjung Tokong等)では、ホテル側がお布施を持参し、少々音量を落としてくれるよう依頼している。非Islam圏からの観光客が多いので気を遣っているのだろう。当座は静かになるが、暫くすると元の音量に戻り、ホテル側も再びお布施を持ってお願いに上がっている。この繰り返しらしい。体の良いお布施ねだりのようだ

2.上手な人のアザーンは子守唄のように心地良いが、下手な人のは聞くに堪えないらしい。中には音痴が唸っていると茶化していた人もいた

Penang州では、この度ファトワ(イスラム法学者の裁定)会議が4月7日にコーラン朗読における拡声器使用禁止の通達を出した。画期的なことだが、これに対し波紋が起きている。

イスラム保守派からは「政治的な圧力がかかったのではないか」との批判の声が出て、ムフティ(宗教指導者)が弁明に追われる事態となっている。
Penang州のムフティ(宗教指導者)Hassan Ahmad師は、次の様に主張

・州政府を含め如何なる方面からの指示や圧力を受けての決定ではなく、又強制力のあるファトワでなく、あくまでも要請である

・コーラン朗読を大音量で流すのは、アザーン(礼拝時告知)等のルーティンを除いて他の礼拝者の妨げになる様な朗読を禁じたイスラム教義にも反している

・こうした朗読に関する別の側面について、我が国では重視されてこなかった(「少しは他人に気を遣え」と言う事か)

・朗読は小声でも十分であり、騒音を好まぬ病人や子供、異教徒に対する配慮をすべきだ(「他の宗教信者のことも尊重せよ」と言うことのようだが、所詮一神教ではないか?日本でも病人等体の弱っている人は、心の拠り所として宗教に縋る例は多いかも知れないし。「まあ小声でもいいじゃないか」と言うのに説得力があるか否かだ)

拡声器利用の禁止措置に関しては、イスラム連帯慈善機構のAbdul Rahman会長が先日

・意思決定者が預言者Muhammadの居た時代と現在とは異なるという状況を考慮すべき(「異文化交流が盛んになって多種多民族が同居している社会になっている」ということらしい)

・コーラン朗読の放送はIalam教徒を目覚めさせる目的であり、それが不適切だというならばアザーンはどうなるのか、と疑問を呈していた(ここの意味が理解できないが・・・)

国内のIslam教グループの右傾化が進んでいると言われる中、Penang州は華人人口がMalay系に拮抗する迄比率は下がっている。しかも政権は華人州首相属する政党が担っており、こうした状況に苛立ちを募らせるMalay勢力が宗教的権利問題に対して神経過敏になっている。

何れにしろ、周りにMalay系住人が殆ど居なく、小さな入り江に面する、私達のエリアにはモスクはなく静かなもんだ。夜は300m程離れた海岸の波の音が微かに聞こえたり、虫の音が聞こえたり、時には蛙の鳴声が聞こえたり、風情があると言えばある。

次回は、“リゾート地の楽しみが無くなった・・・”です。

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中