JALのサービスが向上した

2011年9月5日(月) No.495

Air Asiaが英国プレミアリーグチームを買収した。Queens Park Rangers Football Club(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)というLondon拠点のチーム。日本人選手はいない。Air AsiaのCEOは、F1チームのロータスのオーナーでもある。買収したチーム内容や選手一覧は下記webで判る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BAFC

今回は、“JALのサービスが向上した”です。

日本への一時帰国の際、久し振りにJALを利用した。JALが経営困難に陥った後からサービスの劣化が激しくなり、この所Air Asia X、MAS(Malaysia Airlines)を利用していたので、、久し振りのJAL利用だった。

チケットは、JAL代理店Ban Choon Tong(Perak Travel Agency)の日本語ベラベラの陳春國(Tan Choon Kok=)さんに依頼(同社住所は、日本領事館と同じビルで裏側から入る、51-7-F2 Menara BHL Bank,Jalan Sultan Ahmad Shah、電話は04-227-9906)。

今回このJALの機内サービスの変わりように驚いた。

1.KL→成田の夜行便は、

(1)食事は、従来通り「お握りとサンドイッチ」だったが、「果物バックが追加されていた

(2)簡易スリッパが配布された(従来なかったサービス、Singapore Airlinesのアメニティグッズにも簡易スリッパはあったが)。但し日本人には喜ばれはするものの、靴を脱ぐ習慣の無い欧米人には無用のサービスかも知れない

2.帰りの成田→KLの日中便は、

(1)食事は2種類から選択

(2)おやつにクロワッサン型パンが提供

(3)デザートにハーゲンダッツのアイスクリームが出る(これが秀逸)

6年程前MAS(Malaysia Airlines)が、おやつにハーゲンダッツを出していたが、経費節約の為か「明冶」や「たかなし」のアイスクリームに変更された。ハーゲンダッツの美味しさと、世界的知名度を供する考えは好感を呼ぶだろう。

フライトアテンダントの愛想もぐっと良くなったようにも感じた。生まれる孫への期待の言葉を記したカードもくれた。経営環境厳しい中、各々の職場の主張はあろうが、“サービスを持ってお客様の期待に応える”。これ程の顧客集客力はないはず。

お客様の声を社内で共有するらしい。

足元の収益力も徐々に改善している。世界各国のフルサービス型航空会社が赤字で消える中、Mnalaysia Airlinesも格安航空Air Aisaと手を握った。

頑張れJAL、日本のフラッグシップ!!

次回は、“Penang出身のMalaysia人、大阪大学工学部を主席卒業”です。

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ロングステイに向けて) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中