やっぱりPenangも異常気象

2010年12月20日(月) No.438
 
今回は 、“やっぱりPenangも異常気象”です。
 
この夏世界的に歴史的高温記録となった地球。
 
ここへきてPenangの気象が、今迄と違う。
もう雨季は終わり、乾季になるはずなのに。

旅行者もガイドブックとは異なる天気に、戸惑っているだろう。
先々週のDragon Boat大会、先週のFlower Festival、共に散々のコンディションだった。

 

年初から
・今年はラニーニャ現象が長引き
・雨が多目で
・気温が低目
とも言われていた通りになっている。
 
連日安定しない天候の繰り返しだ
・空が急に暗くなり
・突然の強風→雨→止む
・一時して又この繰り返し
これが一日に何度も起きる
 
これゆえに
・洗濯物が乾きにくい
・Tシャツ+短パンでは全身鳥肌が立つ
・最高気温も30℃には届かない
・前に降った雨が乾かないうちに、次の雨が降るものだから、常に水溜りが出来やすく、ネッタイシマカが繁殖しDengue熱が流行る(遺伝子操作でDengue熱の元となる物質を排除したネッタイシマカにしようと国は考えているが、海外からは生態系破壊を起こしかねないと批判されている)。今年はDengue熱による死者が、Penangでも例年より多い。
 
等々少々困った事態にもなっている。
 
私達がPenangに住み始めた頃の、青い空、かんかん照りの太陽・・は未だ見られない。
例年1月以降は乾季で暑い日が続くのだが。
今年はどうなるやら。
 
次回は、“リスキー、バス乗車”です。
 
 
広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中