MM2H解約方法

2010年9月9日(木) No.412
 
Malaysiamの人々が、向こう2年の間に行ってみたい国で、日本はAustraliaの17%に次ぐ16%で2位に入った。
年々所得が向上するMalaysia人。
Australiaは、赤道挟んで南に近いので判るが、日本には憧れもあるのだろう。
1~7月累計で62,800人が訪日(前年同期43.3%増)。
KLでのMATTAフェアには、東京・札幌・岐阜がアピール。
1511年に当時のMelaka王国が、Portugalの植民地になってから、Holland、英国と宗主国が変わり440年程西洋の植民地下、唯一アジアの同胞として英国軍を追放したのが日本。そんな背景も親日的なのだろう。
 
今回は、“MM2H解約方法”です。
 
資格取得の話がある一方、高齢等で資格放棄し、日本へ帰国する話もあるはず。
資格放棄する場合は、
・MM2H期間内であれば、パスポートの資格貼付ページにスタンプを捺してもらう
(MM2H期間過ぎていれば同上のスタンプはない)
・定期預金解約承諾書の様なものが発行される
 
発行される書類内容は下記の通り。
下記両本紙を定期預金設定銀行支店に持ち込めば解約可能。
当然パスポートも持参する事。
 
1.MM2H有資格者であった内容
 
Thank you
 
“1 MALAYSIA”PEOPLE FIRST.
             PERFORMANCE NOW
 
Your sincerely
 (承認者サイン)            (スタンプ)
(承認者名)
Malaysia MySecond Home Centre
For Secretary-General
Ministry of Tourism
MALAYSIA
              Fax:03-2698-8533
Cc:
 
State Immigration of Pulau Pinang
Jalan Kelasah
13700 Seberang Jaya
PULAU PINANG
Attn:(宛名人名)
    Director
 
(MM2H資格者名)
(Passport No.〇〇△△△△△△△)
住所
 
TPPI(K)(MM2H)
 
2.定期預金解約承認書
 
           KPL/MM2H 674-1/8(257)
                 (日付)
 
The Manager
〇〇Bank(M) Berhad                     スタンプ
98-G-29&30,Prima Tanjung
Jalan Fettes Tanjung Tokong
11200 PENANG
 
Dear Sir/Madam,
 
APPLICATION FOR WITHDRAWAL
 FIXED DEPOSIT (FD) DUE TO
TERMINATION FROM MALAYSIA
MY SECOND HOME PROGRAMME-
(MM2H資格所有者の名前、夫婦は二人)
(PASSPORT NO:〇〇△△△△△△△)
BVP/SHP/07041/187
 
I am directed to refer to the above matter.
 
2.The above mentioned participant has
decided to terminate his Social Visit Pass
 and wish to withdraw the Fixed Deposit
which is tagged in lien under this
programme.
 
3.We seek your cooperation to allow
this participant to withdraw his Fixed
Deposit since his Social Visit Pass under
this programme has been expired on
(MM2H期限期日)and not renewed.
(enclose is the copy of Social Visit Pass
for your reference)
 
4.The Ministry of Tourism does not have
any objection on the request made by
the participant.Your cooperation is
highly appreciated in assisting 資格者名
in this transaction.
 
尚、資金を日本の銀行へ送金する場合は、
・日本で受取る銀行名(コード番号)
・銀行のSWIFTコード
・銀行支店名(コード番号)
・銀行の住所(郵便番号)と電話番号
・口座名義人
・口座番号
・念のため名義人の住所と電話番号
等も持参する事。
 
次回は、“エコ発電へ向けて”です。
 
広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ロングステイに向けて) パーマリンク

MM2H解約方法 への3件のフィードバック

  1. 浜崎正治 より:

    1:mm2h解約の申込書に英語も表記されていますか?
    2:申し込みの時英語が使えますか?

    • お問い合わせの内

      先ず2点目の「申し込みの時英語が使えますか?」については、間違いなく使えます。当地ではほぼ全国民が英語を話しますので。私達も資格取得&更新時には窓口で英語でやりとりしました。

      次に1点目の「mm2h解約の申込書に英語も表記されていますか?」については、解約書類を見ていないのでお答えできません。が、恐らく英語は無いと思います。資格取得&更新資料はマレー語で書かれていましたので、解約書類だけ英語があるとは思えないからです。

      ブログの解約方法は9年程前知人の日本人が解約した時の知識です。今は変わっているかもしれません。正しい情報は、mm2h業務をされている高橋里佳さんにお問い合わせされると得ることが出来ます。rika.takahashi@mymm2h.com (019-5752854)です。
      http://ameblo.jp/rika-mm2h が彼女のブログです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中