漢字の読み書きが出来ない華人

2009年7月6日(月) No.310
 
Malaysiaで初期の新型インフルエンザ罹患者に豪州旅行帰りの小学生がいて、学校で広まり休校になった。
その後、うつった子供達の父兄達から、豪州から罹って帰って来た子の親に、嫌がらせと苦情電話が。
その子だって罹りたくて罹ったわけでもない。悪意があった訳でもない。
当地の華人は中国人と言われるのが嫌らしいが、今回のこうした父兄の動きは中国ではよくありそうな話。面々と続く血は争えない。
罹った後の処置と対応をどうするか、が大事なのに。
尚、Malaysiaでの新型インフルエンザ罹患者は、
・3日一気に47人もの患者が確認され
(41人海外感染+6人国内感染)
・累計291人(内175人は回復退院済み)
(海外帰国者247人+国内感染44人)
に増えています。
死者は出ておらず、重症者もいません。
因みに豚インフルエンザは英語で“swine flu(=influenza)”です。
 
今回は、“漢字の読み書きが出来ない華人”です。
 
Malaysiaの華人は、かつて明の時代にMelaka王国の要請で助太刀に船を繰り出してやってきた福建人男性がそのまま根付いたらしい。その後、英国植民地になってPenangが補給基地として英国人に利用し始めると、自由な社会風潮を頼って集まって来たと言われている。
北京語(Mandarin)の中国人とビジネスをする際は、通訳を入れないと中々スムーズに行かないという笑い話のようなことを聞いた事がある。
 
Penangの華人商店の看板に書かれている漢字は繁字体。台湾等と同じである(新聞では簡字体も)。
私が小さい頃、祖父母が使っていた漢字なので、見覚えはある。
例えば、
・円は圓(看板にYENと読み方もあり)
・発は發
・学は學といった風に
 
ところが、最近華人の若人(30歳台?位迄)でこの漢字の読み書きが出来ない人が結構いることが判った。
ある会社のカウンターで、私の名前を漢字で書いて、華人女性(30歳未満と思うが)に「判る?」と聞いたら、「判らない」と返答。
同僚と話す言葉は明らかにChinese。
即ち華人の彼女は、漢字は話したり聞いたりは出来ても、読み書きは出来ないのである。
私と同じ位の年齢の人は読めたのに。
 
そう言えば知人の日系人も、日本語で会話は出来る(勿論聞いて理解出来る)が、読み書きに難があると御自身で仰っていた。日本で生活をしたことは全くないので、読んだり書いたりする機会が無かったのだろう。
 
Malaysiaは、
1.国語はMalay語
(1)高校受験の際はMalay語が出来ないと駄目なので、華人の子の中には一年足踏みして勉強する子も
2.英語も必須
(1)英語の試験もあれば
(2)理科と数学は英語授業なので。英語が出来ないと丸っきり理解できないはず。理科と数学と言えば好き嫌いのはっきり分かれる科目、それを英語で行うんだから
3.華人同士ではChinese(恐らく福建語)で話す
4.Indianは、タミール語を話せる
 
結局
Malay系はケ国語(Malay語+英語)
華人はケ国語(Malay語+英語+Chinese)
Indianもケ国語(Malay語+英語+タミール語)
を話すことが出来る人が多い。
 
しかし、長い年月の中で、比重が英語にかかってきたせいか、漢字の読み書きの出来ない華人が生まれてしまった。
英語は国際語という認識はあるものの、「比重がかかるとMalay語が疎かになる」という苦言も出されている。
Malaysia教育終了試験(SPMと呼ばれる全国統一試験)の証明書取得条件で
・2006年度はMalay語で落第した比率が18%程いる
そうした中、英語も同様のシステムに乗せる案が教育相から提案され物議をかもしている。
・どうやら30%程が合格ラインに届かない成績らしい
単純作業でもSPM終了資格を要求する御時世。就職も出来ない人が増えてしまうと。
 
それにしても
・複数言語を操れるMalaysiaの人々
・英語一つ操るのに四苦八苦する日本人
改めて考えさせられます。
 
次回は、“何でここにゴミ箱が?!”です。
 
広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンで学ぶ) パーマリンク

漢字の読み書きが出来ない華人 への1件のフィードバック

  1. KL より:

    久しぶりに(半年ぶりか?)ブログ拝見しました。この間、山崎さんもお忙しかったようですね。以前、マレーシアでは理数科を英語で教えている、という話を聞いて、スゴイと思っていたのですが、どうやら最近、この政策をやめてマレー語の授業に戻すようです。この制度を導入した、マハティールさんはこれでは国際競争に負けてしまうと批判していました。日本人は英語が話せないと自嘲気味ですが、普通の日本人は日本語のみで生活できるし、大学教育まで日本語の教科書ですべて行われていることを、誇ってもいいことではないかと思う今日この頃です。今度、ペナンに行くときにご連絡させてもらいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中