女装に言い寄られた

2006年8月24日(木)No.41
 
8月31日はマレーシア国家記念日(ムルデカ・デイ)です。国家記念日の前夜には、メルデカスクエアをはじめ、主要都市では街を華やかに飾りつけカウントダウンをします。国家記念日当日は式典、パレードなどが華やかに行われます。
今、街中、国旗がはためいています。
私達のコンドミニアムも、入口ゲートでチェックするガードマンが居る建物の周囲に40~50の小旗が張り巡らされた他、敷地を囲うフェンスにも2~3mおきに旗が飾られています。
自家用車でもアンテナ等に旗を常時掲げて走る国民性なので、日々国旗を掲げている家も少なくありません。この誇り、羨ましい限りです。この心、日本人にも見習わせたいです。
 
さて、今日はムスリムの国にも女装はいました。
その女装おかまにアプローチされた話です。
女性よりは上背のある男性が女装するわけですから、背の低い国民の中では異様で大女に見えてしまいます。日本人より背の低い男性といっても、ヒールを履くと結構背が高くなります。しかもやや太目の国民ですから。
 
4月 クアラルンプールの高架鉄道Putra LRTでKLセントラル駅から5駅目のTaman Jaya(タマン ジャヤ)駅前AmcorpのMenara Melawamgiビル1階で、朝10時マレー人の女装に遭遇かつらを付け、ヒールを履いた上、マレー女性が着る衣装姿で、かなり肉付きのいい大女に変身していました。妻が最初に発見。
 
4月 ペナンのJalanBurmahとJalanPenangとの交差点にある歩道橋を登ろうと足元に注意していたら、降りてくる3人の若い女性(?)の足が目に入った。避けようと思わず脇に寄ったら、華人の若い子超ミニスカートからすらっとした白い足がばっちり。胸もたっぷりそう?しかし、3人の話す声は・・・男の声。ぎょっ!として振り返って後姿を見たが、スマートな女の姿が???
妻曰く、「おかまだよ。写真撮らせてもらいなさいよ。胸は上げ底なんだから」・・・しかし、それも失礼だし、もしも相手の機嫌を損ねて、3人に袋叩きにあっても、と思いやめました。惜しかった!
 
6月 ランカウイ島に旅した際、夕食をとったSeafood Reataurant“Sunvillage”の受付のマレー女性(?)は、マレーの 女性が身に付ける服装姿でしたが、顔はニューハーフっぽく声は男性。女装姿の男性を見るとぎょっとすることが多いにですが、この時はあまり嫌味はなく、どちらかと言えば笑顔もスタイルも綺麗でした。
 
6月 ランカウイ島から帰ってきた日、ペナンのフェリー発着所からコンドミニアムへ帰るバスに、途中から華人の女性(?)が私の隣に座りました。金髪のかつらをかぶり、むっちりした足を出し、勿論女性用の衣装に身をまとった男の声で
盛んに話しかけてアプローチしてくるやりとりは、
(女?)「ホリディ?」
 ・・・・・(私)「そんなもの」
(女?)「どこまで行くの?」
 ・・・・・(私)「**まで」
(女?)「今日はこれから時間ある?」
 ・・・・・(私)「旅から帰って疲れているので帰って眠る」
(女?)「じゃあ今度の土曜日はあいていない?」
 ・・・・・(私)「日々忙しいから」
(女?)「1人で来ているの?」
 ・・・・・(私)「妻も一緒」
(女?)「私、何人だと思う?」
 ・・・・・(私)「(気持ち悪くて)判らない」
(女?)「中国人よ。どう?」
 ・・・・・(私)「(気持ち悪い)う~ん」
(女?)「いい携帯ね、見せて」
 ・・・・・(私)「(持って逃げるなよ)」
(女?)「その携帯、何処のメーカー?」
 ・・・・・(私)「東芝製」
(女?)「番号教えて?」
 ・・・・・(私)「う~ん。仕事に使うから駄目」
(女?)「最初は0120・・・?」
 ・・・・・(私)「違うよ」
(女?)「何番なのぉ~・・・」
 ・・・・・(私)「ビジネスにも使うからダメ」
(女?)「私時間あるから・・・」
 ・・・・・(私)「(ごめん被りたい)ふ~ん」
あ~気持ち悪かった。30分ほど隣合わせで我慢しました。早く降りないかな、と思っていたが、私の方が先に降りることになりました。彼女(?)はBatu Ferringhiまで行って男を捜したことでしょう。当日夜、女装したおかまに犯される夢にうなされました。私には、その気がないことがはっきりしました。
因みに、妻は私の前に席に座っていて聞き耳を立てていたそうです。こんな男(?)に気を許すようじゃ馬鹿だ、と思っていながら・・・。
 
TVでは、売春を迫る女性、離婚届けにサインを迫られている女性のドラマが放映されています。ということは、ムスリムの世界ながら、売春や離婚もあるということでしょう。中東などとはえらい違いです。
 
次回は、入院した費用にかかった保険金全種類受取完了の報告です。
広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(マレーシアの国民性) パーマリンク

女装に言い寄られた への1件のフィードバック

  1. yukipon より:

    まぁ(*´∇`*)スリリングな時間を過ごされたようですね。
    おかまさん達の化粧テクニックって変わってますよね。男の骨格に色をのせると、恐ろしく気持ち悪い顔になっちゃう。なのに研究を重ねて厚化粧・・・、お疲れ様~って感じです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中