お巡りさんに注意

2006年6月8(木)No.20
 
昨日の新聞は“It’s ‘triple luck”という見出しで、6月6日に結婚した人々が一同に集まった写真が報じられていました。何が幸運かというと、2006年6月6日で、06.06.06(666)と数字が並ぶため、89組のカップルがペナンで誕生したそうです。ペナンの大層の華人は福建省出身で、福建民にとっては“6”という番号は幸運と言われているそうです。ですから多くのカップルが6の並ぶ一昨日、それを信じて結婚式を挙げたのでtriple luck dayとなったのでした。日本ならさしづめ「ラッキー7」か「末広がりの八」と言ったところでしょう。
子供の頃、漫画で髪に隠されている頭皮に“666”とある子が、“悪魔のナンバー”“悪魔パワーの日”と悪魔の使いを表していると人々が恐れるシーンを思い出しました。もっとも仏教徒の福建民には、キリスト教に絡むこんな話題など、何処吹く風でしょう。
 
今日の話題は、お巡りさん です。
何処の国でも頼りにされ、信頼されるべき、お巡りさんですが・・・。私達が報道で知りうる限り、世界の警官で思い浮かべる典型的なシーンには、次のようなものがあります。
1.抵抗する者を撃ち殺す
2.賄賂を要求する
3.都合次第で統一した行動がとれていない 
1.はアメリカの典型例で、「Freeze!」と言われたら、手足・体を絶対に動かしてはいけない抵抗行動に入ると見られ撃ち殺されてしまいます。日本で同じことになったら、警官は袋叩きになってしまうでしょうから、アメリカの正反対とも言えます。
2と3は、中国の警官の例がネットや報道等で伺われます。同じ事象でもある時は行動し、別の時には傍観するだけ。また賄賂が横行していることも事実でしょう。
 
では、日本は?というと、
1はないですね。抵抗・逃走する者に拳銃を空に向けて放ち、取り逃がしてしまったりしているし、更に打つときには足を狙いますから。
2も収賄罪で警官自身が身分を損ねるし、贈った方も贈賄罪を問われてしまうので、少ないです。
3は最近富に話題になっていますが、市民の困窮した相談願いに、親身になって対応する姿勢が薄いことはTVでも実例で報道されており、内部告発さえなされています。
いずれにしても、国民からは自分達の安全を守るべく行動を期待されているはずです。
 
では、ここマレーシアのお巡りさんは、どうでしょう。
1は、流石にありません
2は、当たり前のように横行しているそうです
3は最近取り調べの過程で大問題が発生しています。
2の例では、自称太田氏(ペナンのタクシー運転手)が日本の警官は素晴しいと何度も絶賛するので理由を聞いたところ、「90年頃日本で働いていた時、当時埼玉県川口市に住んでいたが、終電に乗り遅れ仕方なく歩いてアパートまで帰る途中、警官に呼び止められパスポートを要求されたが、アパートに置いてきてしまっていた旨話すと、アパートまで送ってくれた」そうです。マレーシアでは警官はすぐ“money!money!”とお金を要求するそうなので日本の警官が賄賂も要求せず親切にアパートまで送ってくれるなんて、という理由が絶賛の背景でした。
また私達より1年早く長期滞在に入ったW氏は、一方通行無視だったか駐車違反だったか忘れましたが、警官に見つかった時「英語判らない!私日本人!」と日本語で連発しお金を手に握らせたら、警官は顔を振って行けと合図をしたそうです。日本じゃ、ありえないですよねぇ。最近は警察署長とのツーショットを持ち歩き、警官に呼び止められると写真を見せて「My Friend!」と煙に巻く日本人がいるそうです。同じ日本人として、情けない。
 
ここペナンは国際リゾート地だけに観光客が多く、当然そこを狙った犯罪も多くなります。警官に偽装して騙す人も多いそうですので注意して下さい。
新聞に、“If The Police STOP you いう場面でどうするかが掲載とされていました。わざわざ新聞記事になる程ですから、偽警官事件は多いのでしょう。内容を書きますと、
1.制服を着用していない場合、Identification(身分証明)・police authority card(警察当局カード)を要求しなさい。その際、色によって行える権限が異なりますので、チェックを怠らず。
(1)赤-suspended officerであなたに対して行う権限は持っていません
(2)青-検査官で上記要求が出来るランクの人です
(3)黄-検査官よりランクは下(上記の権限がなさそうですが、記事では不明)
(4)白-警官の予備部隊(上記の権限なさそうです)
2.確認すべき点は、警官の名前とID番号
3.確認すべき点は、警察車両ナンバープレート
4.警官に質問されたら、あなたの名前ID番号(私達はパスポート番号)住所だけ提供しなさい
5.もし警官が他の質問を尋ねたら、あなたが逮捕されているならば丁寧に答えなさい(ということは、逮捕されていなければ応える必要がないということのようです)
6.もし警官が、あなたが立ち去ることを許さない、交番に連行あるいは手錠をかける、と言って逮捕されるのは
(1)理由が示されないと逮捕行為は違法です
(2)一度だけ電話をする権利があなたにあります
7.逮捕されないならば、歩いて行ってしまって構いません
8.逮捕なしで行うBodyチェック
(1)もし場所を案内し、例えばドラッグのような何かを調べる場合警官はあなたの体やバッグを調べるかもしれません
(2)こうした行為は、検査官いはより高い地位の人の立会いの下に行われます
(3)あなたのバックやポケットに警官の手を入れさせるなあなた自身で物を取り出しなさい
(4)女性に対しては、女性警官のみ身体検査できる
(5)全てのぼBodyチェックは礼儀正しくなされなければいけない
9.逮捕された時ですら、警官が強制的に裸にすることは法律上許されない
 
因みに、当たり前のことなんですがマレーシアには白人の警官は居ません偽装警官がパスポートを見せろ!コピーを撮らせろ!と言ってドロンする、白人警官?が現れているそうです。日本人は軽カモ(?)かなあ?兎に角、日本人は金持ちと見られています、実際には大した無くとも。またタクシー運転手の太田氏のように結構日本へ働きに行った経験者がいますので(バブルの頃まではノービザで行けたので)、彼等の日本に対する印象は街は綺麗だし国民は親切だったしと非常に良いものの、給料も高いが物価が以上に高い国という印象を持っています。
マレーシアに観光に来る人は、当blogの左下にあります海外安全情報サイト(ペナンの安全対策マニュアル)を一読下さい。
 
次回は、我が家の公共料金です。
広告

ペナンの日々 について

Longstayer in Malaysia
カテゴリー: Longstay日記(ペナンでの生活) パーマリンク

お巡りさんに注意 への1件のフィードバック

  1. yukipon より:

    へぇぇ、タイの警察官と通ずるところがあるんですねぇぇ。アジアはどこも同じということですか。タイ警察はほとんど仕事せずダラダラしているイメージでしたが、社会的地位は高いようでした。賄賂をもらって給料もらって・・・。
    情けないです( ̄曲 ̄)プンプン!!
     
    ところでフルーツ写真美味しそうですねぇぇ☆日本ではマンゴー(一個)398円でした。買わずに帰宅しました。。。ゆきポン撃沈です(><)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中